恵心尼の如是我聞

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 第四章~2012年 □

其の二

 現在の科学や医学などの発展はすさまじく、もう既に神の領域まで達していると師は言われる。

 ところが、人間は、チンパンジーと同じ類人猿の如く同じ仲間と縄張り争いをして殺し合ったりしている。

 万物の霊長である人間が、核を持って人間同士がチンパンジーと同じことをして戦争を起こして争って自滅してはならないのではないだろうか。

 その為には、同じ人間として互いに愛し合わねば、人類の未来はない。

 もともとアフリカのサバンナから発祥した同朋であるのにそれを忘れ、この神の域まで達している現在の文明を亡ぼしてしまうような愚かな戦争は絶対に避けねばならない。

 全てを無に介する取り返しのつかない事態を何とか避けねばならないため、師は敢えてこの2012年の核戦争が起こりかねない事実を発表されたのである。

 折しも、2012年という映画が上映され、マヤの予言やノストラダムスの予言や、その他にも2012年を人類滅亡と予言する書物も出ている。

 その中には、惑星直列や太陽の影響によるものや、極ジャンプとか、火山の爆発、大地震の天変地異や、隕石の衝突、氷河期の到来とか、様々な事が言われているが、師は核戦争が起こる可能性が一番と言われている。

 核を作るその知識を持つならそれをどうして平和利用の方へ持っていかないのだろう。

 互いに憎しみ合うそのエネルギーを、何故愛し合うエネルギーに変えないのだろう。

 亡びの道を歩もうとしている愚かしさに気付かないのだろう。

 それに気付かない限り人類の明日はないだろう。

 詳しくは、瀬川宗一先生のホームページをご覧ください。

   『人類よ何処へ行く』 http://humanhope21.com/



2012.jpg
スポンサーサイト


* 「第四章~2012年」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/03/27
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://eshin36.blog54.fc2.com/tb.php/95-f8afa3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。