恵心尼の如是我聞

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 恵心への道~第三章 □

其の四

 次いで、私は関ヶ原へも行き、様々な当時の陣営の跡を見て来た。

 貸し自転車を借りて古戦場を見て回っていると、昔は自転車の代わりに馬に乗り、この地を駆け巡っていたのだろうなと思った。

 前にも書いたように、先祖の作った因縁は時代を経て、その因縁を作り出した本人がその子孫に転生してきて、自らの因を解くようになっている。

 これが本当の因縁解除である。

 従って、私の過去世が島左近であった事実は間違いないと思う。

 今世女性で生まれているが、転生は男になったり女になったりするので問題ない。

 又、佐和山城下にある島左近の屋敷跡も見に行った。

 城家老にしてはずいぶ質素な屋敷で、当時はこんなものだったのだろうと思った。

 それからも月1回、秀次公の墓参りに行ったり、毎月15日(秀次公の切腹された日)にご供養させて頂いてきたが、ある時、師が「もう良い。」と言って下さった。

 秀次公や正室、側室、その他の方々の霊も納得して頂いたようで、ご供養を終わらせて頂いた。



其の四
スポンサーサイト


* 「恵心への道~第三章」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/01/17
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://eshin36.blog54.fc2.com/tb.php/90-ceb5165f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。