恵心尼の如是我聞

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 恵心への道~第二章 □

Sさんのケース1

 これも、同じ龍神様のことだが、四国高知でSさんという方が田んぼを埋め立てて建てた建売住宅を購入された。

 しばらくしてご主人が軽い脳梗塞になられたがまだ、それほど心配することもなく過ごされていた。

 夏に一度、何ヶ月が留守をすることになり、その間、家を人に貸された。

 ところが、その借りた人が、短い間に同じ脳梗塞になられた。

 そのまま、帰宅し住み続けていたら、今度は二度目の脳梗塞となり、首から下が動かない寝たきりの状態になった。

 即入院、主人の入院費、住宅の毎月の支払い、生活が一度にSさんの肩にかかりどうしようもなかった。

 そんなある時、宗教団体の人に、入信すれば職も見つけてあげるし、家も世話するなどと言われ入信してしまった。

 家の仏壇を捨て、その宗教団体の仏壇を購入された。

 ところが、いつ迄待っても職も家も世話してくれず、かけずり廻って職を見つけ、ご主人の病院も見つけ、今の家に住んだまま何とか生活をされていると、その宗教団体の人が来て、入信したからそうなれたと言ったらしい。

 全てが自力で必死でしたのに、何一つ助けてくれず落ち着いた頃来て、入信したからそうなったと言われ、それ以来Sさんは、宗教は信じられなくなられた。

 しかし、友人の方が正法に来ておられ、師に一度会う事を勧められ、ご法座で法話を聞かれ、これなら信じられると思われた。

 今ある宗教団体から買われた仏壇を返されて、元の先祖代々の宗派の仏壇を購入され、私が入魂させて頂きに行かせて頂いた。

 着いて座ってお茶を頂いていると、何か身体が揺れて目まいがするのでここはどういう土地かとお聞きすると、田んぼの埋め立てと言われ、それから奇妙な話をされた・・・。


S1_2.jpg
スポンサーサイト


* 「恵心への道~第二章」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/10/30
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://eshin36.blog54.fc2.com/tb.php/76-8612b8c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。