恵心尼の如是我聞

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 恵心への道~第二章 □

Gさんのケース

 お墓の事で、Gさんという方が無縁仏となられた方の跡地を買われて、父親の墓を建てられた。

 師の個人指導で、


   「お父さんはこの墓にいない。前の無縁さんになられた墓の諸霊が、ここは自分たちの墓地だとお父さん
を追い出されている。
   
   その為、お父さんは実家の方の墓に入らざるを得なくなり、そちらにおられる。」


と言われたらしい。

 今の墓は坂の上の方にあるのでお参りするのに、だんだんと参る方も年をとって大変のなので下の方に移したいという相談に行かれて、初めてこの事がわかった。

 今のお墓を建てられてから、今までそんな事を知らず、父親はずっとそこにいなかったということになる。

 そして、次に探して来られた墓地も、無縁さんになられた跡地だったため、師は又同じ事を繰り返さない為にも、少し遠くても新しい墓地を買うように言われて、その墓入魂をさせて頂きに行った。

 このように、無縁さんになられると、管理している寺や役所は上の墓だけを取り除いて、次の人に売るが、霊は自分達の墓地を離れず、それを知らずに、次に買って墓を建てた人の先祖を追い出したり、いざこざが起こって不調和になり、子孫にも影響が及ぶ可能性があるので気を付けねばならない。

 無縁さんの跡地を買ってしまったら、先ず、2mほど古い土を取り除いて、新しい山土を入れれば大丈夫だと師に教えて頂いたが、初めから新しい墓地を買われた方が無難であることは言う迄もない。

 しかし、何度も言うが、こんな問題が起こるのも、死後、墓に入るという間違った教えが伝えられたため霊は、帰るべき道筋を知らず墓に入る為に、様々な問題が起こるのだというこことである。



G.jpg
スポンサーサイト


* 「恵心への道~第二章」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/10/19
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://eshin36.blog54.fc2.com/tb.php/72-bfb932c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。