恵心尼の如是我聞

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 恵心への道~第二章 □

Dさんのケース

 九州のDさんの家は、古戦場の跡に建っていて霊の通り道となっているらしく、多くの霊がさ迷っている。

 その中で切腹した人が、母親に憑いている為、ずっとお腹が痛いらしい。

 しかも、仏壇の隣にお稲荷さんをお祀りしてあり不調和なことこの上ない。

 お稲荷さんは、ご供養させて頂き、これ迄のご加護を感謝し、もうお祀りできないことのお詫びをして天へ帰って頂いた。

 部屋の浄霊と、母親に憑いておられる方に天に帰って頂いた。

 この様に、切腹した人の霊が憑くと、憑かれた人もお腹が痛くなったり、首吊って亡くなられて人が憑くと首が痛くなったりして現象化することがある。

 先祖が子孫を護ろうとして憑くと体調不良を起こしたり、同じような所に、同じ病気が出たりする。

 直接憑くのではなく、天へ一度帰って、天から子孫を護る光を下ろして護るのが一番良いのだ。



sora2.jpg
スポンサーサイト


* 「恵心への道~第二章」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/09/07
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://eshin36.blog54.fc2.com/tb.php/64-70c20dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。