恵心尼の如是我聞

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 恵心への道~第一章 □

7月7日

 一泊二日の中で師のご法話を聴聞させて頂いている内に、だんだんとふらつくのがひどくなってきた。

 二日目の研修会終了後に、師のお部屋へ行かせて頂き、身体の調子がおかしいことを申し上げた。

 すると師は、


    「光子体がものすごくずれている。このまま今日はここに泊まり一人で禅定しなさい。
    そうすれば解脱するだろう。」


と言われていたが、急に天上界から師に通信が入られた。

 師がお弟子さんの男性ともう一人精進しておられる男性の二人を呼べと言われて、慌てて呼びに行った。

 そして、師と三人で、私に本願就をあげて頂いた。

 すると、私はどんどん意識が上に昇っていき、目を閉じていたが、涙が出て仕方なかった。

 師が声を掛けて下さって目を開けると、


     「今貴女の魂が入れ代った。」


と言われた。

 肉体はそのままで中の魂が入れ代ったらしい。

 そこへ、一人の女性が飛んで来られて入って来て私の膝に手を置いて泣かれた。

 意識でわかっておられるようだった。


tamashi2.jpg
スポンサーサイト


* 「恵心への道~第一章」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/07/20
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://eshin36.blog54.fc2.com/tb.php/41-8003d403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。