恵心尼の如是我聞

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 恵心への道~第一章 □

6月27日

 何とも不思議な体験であった。

 私は以前にも地獄を見せて頂いたことがある。

 夢で師が出て来られ、地獄を見たいかと聞かれるので、ハイと答えると、私の座っていた古ぼけた木のテーブルに、ふし穴が開いていた。


   「そこから覗け。」


と言われ、覗いてみると、真っ暗闇の中で、首まで真っ黒な泥の中に漬かって泥坊主のようになり、目だけがギョロギョロ光った人が何人もいた。

 夢なのに、何とも言えない、臭い匂いがして目が覚めた。

 暗く、一筋の光もなく、死の世界で彩りもなく、安らぎからも程遠い所である。

 生前、何の感謝もなく、全てを当然、当たり前と受け取っていた人達の行く場であるから、当然と受け取っていた光さえも頂けない所へ死後還らねばならないのだ。

 この世で、どんな心で人生を送っていたかという心の結果が、自らの死後の行き場所をも決める。

 因果の法則は、この世だけのものではなく、前世・今世・来世の三世に渡り作用するものであるのだ。


zigokutani2.jpg
スポンサーサイト


* 「恵心への道~第一章」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/07/09
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://eshin36.blog54.fc2.com/tb.php/28-d7c80d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。