恵心尼の如是我聞

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 恵心への道~第一章 □

6月20日

 私は一切霊的なものなど無縁の人生を送り、普通の主婦として過ごしていた。

 この正法に出会い、師との出会いを境に、次々と信じざるを得ない世界へ導かれて行った。

 この正法が宇宙の「法則・真理」である。

 疑いもなく私達は「実在界」というあの世から「現象界」であるこの世へ両親を縁として肉体を頂いて生れ出て来ているのだ。

 この限られた人生の中で様々な試練である苦悩や寂しさ、悲しみ、辛さを乗り越え、心を豊かに、大きく成長させ、自らの至らなさや、欠点、これを「業」というが、この悪業を反省するような、気付かせるような運命に巡り合わせて、神仏の懐の中で育てて頂く、その場がこの世であるということがわかった。

 故にこの世は神仏の慈悲の懐であり、全ての運命は自らの心の在り方、思い方、考え方の写し鏡の世界である。

 「因」なくして「結果」は出ず、全て身からでた錆であり、自ら蒔いた種子が人生で稔り、その結果を自らして刈り取っているにすぎないのである。

 よって、心の因を変えれば自ずと結果である運命は変わり、不幸な人生を歩むも、幸せな人生を歩むも、自らの心の在り方次第であり、運命は変えられるということがよく分かるのである。


u16982615.jpg
スポンサーサイト


* 「恵心への道~第一章」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/07/06
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://eshin36.blog54.fc2.com/tb.php/21-152a88c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。