恵心尼の如是我聞

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 恵心への道~第一章 □

6月10日

 また、師が言われるのに、この正法精進を真剣にやっている時は、天が一切のこの世からの風雨即ち悪しき運命から護って下さるそうだ。

 この事も私は当初必死で反省させて頂いた時、体験させて頂いた。


 その年の正月の初夢に、白黒の水引の香典袋が現れた。

 何かの悪い前兆かと師にご相談すると、子供の事と言われた。

 まっさきに頭に浮かんだのが、長女のことである。

 原付の免許を取ったところだと申し上げると、今年は乗るなと言っておくように言われた。

 慌てて電話したところ、

 「実はお母さんに心配かけたらいけないと思い黙っていたが、昨年の末に信号で止まっていたところへ、乗用車が突っ込んできてはね飛ばされて、ヘルメットにヒビが入り、救急車で運ばれた。」

と言ったのでびっくりした。

 怪我の状態を聞くと、腰の軽い打撲だけですみ、頭の方も診察の結果、異常なしということでほっとした。

 もし、神仏のご加護なくば、丁度不吉な夢を見た日が、娘の葬式だったかもしれないと思うとぞっとした。

 ここに師の言葉が実証され、修行していた私を運命から護って下さった現象である。

 天は、私をいつも導いて下さいり、時には夢の中で教えられることもしばしばであった。
スポンサーサイト


* 「恵心への道~第一章」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/06/25
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://eshin36.blog54.fc2.com/tb.php/10-7e8e2420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。