恵心尼の如是我聞

2011年12月の更新履歴 [前月]  [次月]

--/--/--
スポンサー広告] スポンサーサイト
2011/12/05
マイトレーヤの伝言] マイトレーヤの伝言 3
2011/12/05
マイトレーヤの伝言] マイトレーヤの伝言 2
2011/12/05
マイトレーヤの伝言] マイトレーヤの伝言 1
2011/12/05
マイトレーヤの伝言] はじめに

 概要:[スポンサー広告] スポンサーサイト

 概要:[マイトレーヤの伝言] マイトレーヤの伝言 3

 地球を囲む太陽系宇宙は、銀河系の中心にある太陽を中心として回転し、その一周する周期は約2万6千年かかりその軌道を黄道帯と言います。 これを時計のように12に分割しそれを12宮と呼び、エイリス・トウラス・ジェミニ・カンサー・レオ・ヴイルゴ・リプラ・スコルピオ・サジタリアス・カプリコーン・アクアリウス・ピッセスと分けます。 そして一つを通過する期間は約2,100年。運行は逆方向に進みます。 さてここで私...

 概要:[マイトレーヤの伝言] マイトレーヤの伝言 2

 この世は全て相対に分けられ、生き物に雌雄があり、人間に男と女が存在します。 その男女が結合すれば当然女は孕(はら)み、子を宿します。 女はその子に血肉を分け与え胎児は成長し、肛門に継がる直腸にも等しい産道を数千グラムもの胎児が抜け出るには、産道を切り裂き、破壊し、死に等しい苦痛の中で母は生死をさ迷い必死で子供を送りだす時、母は神と同じ産みの苦しみをするのです。 そして、神からきた純粋で無垢の魂に...

 概要:[マイトレーヤの伝言] マイトレーヤの伝言 1

 私・マイトレーヤは愛を持って貴方々にこの言葉を与えます。 私は今から2,600年程前、インドの地で貴方々が釈尊と尊ばれ、お釈迦様とあがめられるゴーダマ・シッタルーダの若き頃、人間ゴーダマ様にお会いしました。 彼は「空しい」と呟き、バラモンの若き僧の群に身を投じ修行に励まれていました。 私は彼の心に触れた時、この世は全て空しいと呟く彼は既に一つの悟りを得ておられ、悟られているが故に出家し、6年バラモン...

 概要:[マイトレーヤの伝言] はじめに

 ここに書くのは、平成5年6月22日に瀬川先生が天上界よりコンタクトして『マイトレーヤからの伝言』を聞いて下さったものである。 先生は世の終わりにマイトレーヤが現れて世を救う真理を説き人類を導くとあり、マイトレーヤはイエスも釈迦もモーゼも説かなかった真理を説くということに興味を持たれ、何故イエスや釈迦やモーゼが説きつくしたであろう真理である筈なのにそれ以外に説かれなかった如何なる真理が存在するのだ...

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。