恵心尼の如是我聞

2010年02月の更新履歴 [前月]  [次月]

--/--/--
スポンサー広告] スポンサーサイト
2010/02/22
恵心への道~第三章] 其の七
2010/02/02
恵心への道~第三章] 其の六

 概要:[スポンサー広告] スポンサーサイト

 概要:[恵心への道~第三章] 其の七

 二回目の因縁解除を四十九日間して頂くことになった。 初日は無事に終わったが、二日目に邪魔が入り、実家でのご供養が不可能となった。 それで今現在住んでおられる家で引き続きご供養されることになった。 どんな邪魔が入ろうとも、ご供養をするのかという心を試されたのだろう。 そして四十九日目の満願の日に我々二人のほかに霊能者の女性も一緒に行くようにと師からのご指示で三人で行かせて頂いた。 ご供養が済んで、...

 概要:[恵心への道~第三章] 其の六

 次いで、ある方の家系の因縁を例として書かせて頂きます。 これは、師が霊的に調べられ分かった事で、ここの家は享保の飢饉のときに、錣屋(しころや)という屋号で米問屋をしておられた。 錣とは、兜の後ろの所に付いている首を護るための金具らしい。 この米問屋の多治兵衛という人が、当時、札差しをしていた。 享保17年、イナゴなどによる害で近畿以西を襲った大飢餓の時、幕府は、被害のない地方から救援米を送らせたが...

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。