恵心尼の如是我聞

2009年08月の更新履歴 [前月]  [次月]

--/--/--
スポンサー広告] スポンサーサイト
2009/08/31
恵心への道~第二章] Aさんのケース
2009/08/27
恵心への道~第二章] Nさんのケース
2009/08/15
恵心への道~第二章] Rさんのケース3
2009/08/15
恵心への道~第二章] Rさんのケース2
2009/08/13
恵心への道~第二章] Rさんのケース1
2009/08/12
恵心への道~第二章] Eさんのケース2
2009/08/12
恵心への道~第二章] Eさんのケース1
2009/08/09
恵心への道~第二章] Kさんのケース
2009/08/07
恵心への道~第二章] Mさんのケース
2009/08/05
恵心への道~第二章] はじめに・・・

 概要:[スポンサー広告] スポンサーサイト

 概要:[恵心への道~第二章] Aさんのケース

 名古屋のAさんも、その一人である。 一人息子さんが、重い障害を幾つも持って生まれてこられ、良いといわれる病院は皆行かれたが、一向に病状は良くならず、最終的に師の元に来られた。 初めてお会いした時はまだ1歳位で、病名は「マルデンウォーカー症候群」。 足は内反足で歩けず、眼は見えず、心臓も悪く、血液疾患もあり、あまりにも気の毒というか、不変な障害を抱えたお子さんだった。 ともかくお光をさせて頂いたし...

 概要:[恵心への道~第二章] Nさんのケース

 Nさんという淡路島の方には双子のお子さんがおられた。 600g台で未熟児で産まれ、一人の方(女の子)が気管切開して喉から痰を取り、呼吸されていた。 先祖のご供養をして頂きながら、光を送る事にした。 更に、一ヶ月に一度は淡路島へ行き、直接光を入れさせてもらった。 それこそ何ヶ月も続いた。 入院して検査の結果、三ヶ所の内、一番手術の難しい声帯を肉が巻き込んでいたのがきれいになっているとのこと。 そして、...

 概要:[恵心への道~第二章] Rさんのケース3

 又、このRさんが自宅を改築するので方災解除をして欲しいと言われたので、行かせて頂いた。 裏の小さな庭に、小さな丈の低い木と植え木が少し生えていた。 大き目のは、植木鉢に移されて後の小さな草花は抜き、方災解除も終わり、大工さんが入られて改築も、無事に終わった。 ところが、その後、少し経ってから、Rさんの右足が腫れだして左足の一倍半位になり、病院へ行かれたが、原因も分からなかった。 師に尋ねられると、...

 概要:[恵心への道~第二章] Rさんのケース2

 二十一日目に済みましたと電話があり、観音様もお願いして来られた。 しかし、一向に良くならず、私の個人指導に一緒に手を引いてお連れした。 眼が見えなくて危ない状態だったし、私自身も疑問に思ったからだ。 すると、師は開口一番、     「あんたはどんな心で主人のご供養をしたのか。涙流して謝罪し、心から詫びないと本当に地獄へ     引きずり込まれるよ。やり直しなさい。」と言われた。 息子を手放して以...

 概要:[恵心への道~第二章] Rさんのケース1

 この話は本当に感動し、良い結果が出て人生が変わってしまわれた話である。 私の以前住んでいた近くにRさんという私より10歳位年上の独り暮らしの女性がおられた。 正法にも来て下さっていた。 長い間の会社勤めで体調を崩され、入院されていたが、少しずつ良くなって個室から4人部屋に移されたらしい。 すると、又調子が悪くなり病院から師の所へ電話をしてこられた。 師が、    「そのベッドで亡くなった人が、まだ...

 概要:[恵心への道~第二章] Eさんのケース2

 Eさん宅の出来事としてもう一つ大きな因縁があった。 屋敷内の敷地に誰の墓かわからない墓が二つあり、先祖からは触るなと言われているので、放っていいると言われた。 敷地に他家の墓があるのはおかしいので一度、磨いて墓に掘ってある戒名を寺で調べるように言った。 娘さんが調べられ、やっぱりうちの先祖でしたと言われ、何か事情があって長い間、ご供養もされずに放ったらかしになっていたらしい。 草も刈り、綺麗に墓...

 概要:[恵心への道~第二章] Eさんのケース1

 これもかなり以前の話になるが、徳島のEさんの息子さんが、普段と同じように「おやすみ」と言って寝られた。 翌朝時間になっても、起きてこないので家族が起こしに行ったところ、亡くなられていた。 葬儀が行われた。 四十九日間は霊は家に止まってよいと言われている。 父親がお祀りしてある遺影の部屋を通ると、ゾッと冷たくなり、息子はこのままだと成仏しないのではと心配された。 大阪の娘さんに相談され、娘さんから...

 概要:[恵心への道~第二章] Kさんのケース

 正法に来られている方の知り合いでKさんという方の叔父さんが亡くなられた。 しかし、奥さんと娘さんが、すぐに葬儀の仕度をしなかったため、次々と怪奇現象が親族の家にも現れて大騒ぎになった。 私と他三名の方とで、現象の起きている親戚の家へ行かせて頂いた。 亡くなられた方が引き起こしたことだった。 成仏していないため、四十九日間のご供養をして頂くことになった。 第一日目、迷っておられる霊に枕詞で法をお伝...

 概要:[恵心への道~第二章] Mさんのケース

 今からもう20年以上も前、Mさんという方が息子さんが交通事故で意識不明になり、その他にも身内が腰痛になったり、体調を壊したりして、不運な出来事が続き、ご主人が師の所へ来られた。 師が霊的に調べられ、   「最近井戸を埋めていないか。」と聞かれると、丁度家の建替え中で仮住まいに住んでおり、工事の様子がわからないので、家を見に行かれると、井戸を埋め、セメントで固めてしまっていた。 驚いて業者に言って井...

 概要:[恵心への道~第二章] はじめに・・・

 第一章は私自身に起こったことを書いたが、第二章は私が縁あって行かせて頂いた方々のお宅で起こった現象を書かせて頂こうと思う。 正法での、   ・方災解除   ・地鎮祭   ・仏壇入魂・魂抜き   ・井戸の浄霊   ・お稲荷さんや龍神様等のお社の取り除き   ・お札が溜まったものの処分   ・池の埋めたて、木の伐り除き等々様々な事象を、瀬川先生のご指導のもと、神仏のご協力を頂いてよき結果が出たり、奇...

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。